私のアーユルヴェーダマッサージ体験記 パート1


ナマステ〜、弥栄です。

アーユルヴェーダは日本で大人気の様子。インドに来たからには、本場のマッサージを受けてみたい!と、問い合わせも増えてます。

私は、15年程インドに住んでいるけど、アーユルヴェーダマッサージは苦手で2回しか受けたことがない。

というのも、来た当時、某ホテルで受けた時にめまいと吐き気がして、一日中ダウンした思い出があるから。

それから後も、

「もしかして、あの時は体調が悪かったのかも?」

と思って、再度試したけど、やっぱり、めまいと吐き気。

私には合わないのだ!!!

あれから何度も受ける機会があったけど、お断りしてました。

だって、寝込むのは嫌だ!ちょっと、軽いトラウマ…

いつも、様々なアーユルヴェーダセンターからは、

うちのセンターではそんな事はない!

某ホテルのは本場じゃないよ!

一度試したら良さがきっと分かるはず!

などなど…

いかにもらしい説得をされ続けても絶対受けないもん!

実は、先月、10年以上のトラウマにも負けずに挑戦してきちゃった!

いつも元気なインド人セールスマン。彼はアーユルヴェーダやスパホテルの営業をしてる。

「ごめんね〜、うち、アーユルヴェーダ系の予約が少なくて〜」

「宣伝をするには、先ずはあなたが良さを知らなければ…で、来週火曜日はどう?…予約する?」

「…いや、だから私は苦手だって言ってるでしょう…」

「あー、めまいするんでしたね。一体どんなマーサージを受けたの?ありえないよ。」

「…アビヤンガムとシロダーラ」

「いやいや、絶対ありえない!私のオススメするセンターで受けてみなよ。特別価格にするし。」

「え?タダですの?」

「…それは…うちは全て本場ケーララから仕入れていて高いんですよ…絶対、納得するはず!」

確かに、このツアーの宣伝をするには、先ずは私も良さを知らなければ、

…特別価格にも惹かれたけどね。

「めまいがするのでお勧め出来ないです。」

なんて言えませんしね。

当日、アビヤンガムを受けるために10時にアーユルヴェーダセンターへ。

スパや有名センターとは違って閑静な住宅街にあり、玄関先にはグリーンがいっぱい!

中は3つのトリートメント部屋とたくさんのアーユルヴェーダ薬品があった。

まずは女性医師の診断を受ける。

少し訛りのあるヒンディ語が可愛い。

自分の症状を話し、体調に合わせたマッサージをしてくれるらしい。

確かに、某ホテルでは医師も診断もなかったな〜

なにやら黒い液体の薬と、またまた黒くて、やけに大きい錠剤を勧められた。

もう、ここまで来たら   購入!

いよいよ、マッサージ室へ

特集記事
最新記事